FXの基礎知識

FXにおけるレバレッジとは何か

更新日:

FXにおけるレバレッジ

FXをやっているとレバレッジという単語を非常に良く目にするかと思います。
レバレッジはFXで取引をしていく上で重要な要素の1つですのでしっかりと覚えていきましょう。

FXにおけるレバレッジとは

レバレッジで元手の何倍もの取引が可能に

レバレッジとは「てこの原理」という意味で、FXにおいては自分の元手の何倍もの金額を扱う事が出来る仕組みの事を言います。
FXの会社に証拠金を預ける事によって、自分の好きな倍率で取引をする事が出来るわけですね。
例えば1ドル100円の場合に1万ドル分の取引をしようと思うとレバレッジを掛けていない場合ですと100万円が必要ですが、ここで10倍のレバレッジを掛けた場合は1/10の金額である10万円、最大の25倍のレバレッジを掛けると4万円の証拠金があれば1万ドルの取引を行う事出来るというわけですね。

レバレッジによって利益も損失も増える

レバレッジを掛ける事によって、当然ですが収益も損失もレバレッジを掛けた分だけ増大する事になります。
例えば10倍のレバレッジを掛けた場合ですと2万円の利益だった場合は10倍の20万円に。反対に2万円の損失が起きた場合は10倍の20万円損失する事になります。

レバレッジ画像
これはスワップポイントにおいても同様です。

レバレッジの規制

レバレッジの規制について

では、レバレッジは何倍までもかける事が出来るのでしょうか?実はそうではなく、現在は最大25倍までと規制が掛かっています。

2010年までは100倍や200倍、はては400倍等のレバレッジを掛けられる会社もあったのですが、規制が入り現在の25倍に落ち着いたというわけですね。

レバレッジで大きく損失を出してしまったら?

では、レバレッジを掛けた時に為替レートが下がってしまい、証拠金(元手資金)の何倍もの損失を出してしまった場合はどのようにすれば良いのでしょうか?FXにおいてはそのような状況を防ぐために強制ロスカットという仕組みが有ります。含み損(現在の為替レートで決済した時に発生する損失)が大きくなってくると、自分の意思で決済していなくても強制的に決済されて証拠金以上の損失が出ないような仕組みがあります。
ただ、例外的に月曜日の寄付き等でギャップが発生した場合やアメリカの雇用統計発表などで一瞬で1円以上為替が動く場合ロスカットが間に合わず証拠金以上の損失が出てしまう可能性も有る事は頭に入れておきましょう。
2010年に規制が掛かる前は高いレバレッジを掛けて10万円で1億円の資金を作る人が現れるなどFXに大きな注目が集まっていましたが、上記のようにロスカットが間に合わず自己破産に追い込まれる人も現れたことから規制が掛かったというわけですね。

レバレッジは25倍で必要十分

では、規制が掛かった現在の最大レバレッジ25倍では十分ではないのでしょうか?
規制が掛かる前に100倍や400倍等のレバレッジの時代を経験していた方からすると物足りなく感じるかもしれませんが、25倍でも他の金融商品と比較すると高く、必要十分と言えるでしょう。
特に初心者のうちは2~3倍で充分ですし、レバレッジを掛けない取引も勿論可能です。FXでは取引手数料も安く、スワップポイントを狙う取引も可能なのでレバレッジを掛けずとも十分有利な取引をしていくことが出来るでしょう。

まとめ

今回はFXにおけるレバレッジについて書いていきましたが如何でしたでしょうか?初心者のうちはレバレッジは2~3倍程度に抑えつつ、堅実に利益を出していくような取引をするように心がけていきましょう。レバレッジをうまく活用して、皆様がより良いFXライフを送る事を願っています。

-FXの基礎知識

Copyright© FX初心者ナビ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.