FXの基礎知識

ポジションと決済について

更新日:

ポジションと決済メイン画像

FXにおけるポジションとは何か

FXをやっている人はポジションという言葉をよく使うかと思いますが、ポジションとは一体何のことを指しているのでしょうか?
FXにおけるポジションとは、外貨の残高の事を指しています。新規約定、つまり売買が成立してから売らずに保有している状態という事ですね。

買いポジションと売りポジションとは何か

FXで為替差益を得る方法は2つあります。1つは外貨を買ってから売る方法で、もう1つは外貨を売ってから買い戻す方法です。
例えば10万円の資金を最初に持っていたとして、10万円で米ドルを買った状態の事を買いポジションと言います。反対に売りから開始する場合、米ドルで10万円を買った状態の事を売りポジションと言います。つまり、米ドルが高くなると思ったら買いポジションで米ドルを買い、反対に円に対してドルが安くなると思えば売りポジションから入る事で為替差益を得る事が出来るわけですね。また、買いポジションは別名ロングポジション、売りポジションは別名ショートポジションとも言います。例えば、「ドルロング円ショートポジション」といった場合はドル買い円売りのポジションを取っているという事を意味しているわけですね。

Image result for 電球 イラスト ワンポイント
外貨を買っている状態を買いポジション、外貨を売っている状態の事を売りポジションと言います。

FX取引における決済とは

FXにおける決済とは、持っているポジションの損益を確定させる事を言います。
買いポジションであれば売る事で損益は確定しますし、売りポジションであれば買い戻す事で損益が確定します。決済はよく使う単語ですので覚えておきましょう。また、決済は注文の時と同じように電話やインターネット等でする事が出来ます。決済する価格を事前に設定しておくことで自動で決済する事が出来るという事も覚えておきましょう。

-FXの基礎知識
-, , ,

Copyright© FX初心者ナビ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.