FXを実際に始めよう

FXの様々な注文方法

投稿日:

FXの注文方法

FXの口座を開設して、実際のトレードも経験してみたところで、今度は成行以外の注文方法も覚えていきましょう。
FXで稼いでいく上では様々な取引の方法を知っておくことが不可欠になってきますので、是非参考にしてみてくださいね。

基本の注文方法を覚えよう

株式投資でおなじみの成行注文、指値注文、逆指値注文はFXの取引においても存在しています。株式投資を行っている方はご存知かもしれませんが、ここでそれぞれの概念を確認していきましょう。

成行注文

成行注文はFXで取引を行っていく上で一番基本となる注文方法で、通貨ペアと数量を指定して、その時のレートで注文する取引の事を言います。
例えば、築地市場の競りの様子や、オークションの様子を思い浮かべてみてください。価格が提示されて、その価格で買いたい人が入札をして、価格がどんどん変動していきますよね。FXでもそのようにリアルタイムで通貨の価格が上がったり下がったりしていきます。そうやって通貨の価格の変動を見ていると『ここで買いたいな』や、『ここで売りたいな』と思う事があると思います。そうした時に、その場の通貨の価値で注文する取引の事を成行注文と言います。

指値注文

指値注文は事前にレートを指定しておき、そのレートになったら自動的に自動的に売買する事を設定できる取引の事を言います。

逆指値注文

逆指値注文は現在のレートよりも低いレートをしておいて、指定のレートになったら自動で決済する注文の事を言います。

成行と指値、逆指値のメリットデメリット

ではここで成行注文と指値注文、逆指値注文のそれぞれのメリットと
デメリットを整理していきましょう。

注文方法  特徴  メリット  デメリット
成行 現在のレートで売買したい時に成行で注文すると約定する事が出来る。 注文自体は確実に成立する。 指定していないので、約定するまで分からない。
指値 指定したレートで決済するように設定し、
そのレートになると自動決済される。
指定したレートで確実に約定する事が出来る。 指定されたレートにならないと約定されない。
逆指値 現在のレートより不利なレートを指定しておき、
そこまで下がると自動的に決済させる
損失を最小限に抑える事が出来る。 指定した指値に達すると売買が自動的に成立してしまう。

まとめるとこのようになりますね。

自動売買の注文方法を使いこなそう

IFD(イフダン)注文

IFD注文とは新規注文とそれを決済する注文を同時に出せる取引の事を言います。つまりIFD注文でレートを指定しておけば指定の為替レートになった時に買いの注文が行われ、更に指定したレートになると決済注文を自動で行ってくれるわけですね。

例を1つ上げると、USD/JPYで米ドルが1ドル100円になったら買って、103円になったら売るという事を指定する事が出来るわけですね。
忙しくてあまりモニターを見ている暇がないという方にうってつけの注文方法という事も出来るかと思います。

まとめ

今回はFXにおける様々な注文方法について見ていきましたが如何でしたでしょうか?
様々な取引方法をマスターして、FXで資産を増やしていきましょう!

-FXを実際に始めよう

Copyright© FX初心者ナビ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.